わたしとパグのあんのゆるゆるな暮らしです。
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
13
(Fri)
雨降りで寒い日は
毛布にくるまって…
11/13-1



眠るのが一番。
11/13-2
「ブブブ…」


そろそろ大好きな夕方のお散歩の時間だけど
今日は 行けないね。


しかも わたしも 昨日 かぼちゃのサラダと厚揚げの煮物とSPAMを使ったチャンプルーを
大量に作りすぎてしまったため 今日は 夕飯の支度 なし。
全品昨日と同じものって…
ダンナ氏 すまん。

ぽっかり 夕方の時間が空きました。

そこで ブログの更新。


さっき お隣の奥様から おりんご いただきました。
おりんご
うわー きれいな色。

あんと一緒に 撮ろうかとも思いましたが
間違いなく ガブリ と丸かじりされる可能性  と思い
自粛しました。

アップルパイも リンゴジュースも 大好きだけど
わたし 生のりんごは 苦手なのです。
あの シャクシャクした 歯触り。
ううう…。

なので いただいたおりんごは あんとダンナ氏のために 1こ 剥いてあげて
あとは 甘く煮て 朝食のパンに乗せて おいしくいただこうかと 思っています。

(りんご好きさんの「もったいなーい!」という声が聞こえてきそうです)


あ 近くに住んでいる リンゴ大好きな実家の姉に 1こ あげようかな。
実家に行くと あんも喜ぶ。

なぜなら…

おやつおじさんがいるから。
父とあん
おやつおじさん(父) と あん。

このおじさん もともと 犬を飼うことには 大反対だったんです。
小さい頃から犬を飼うことが夢だった わたし。
けど 父は絶対に 飼うことを許可してくれませんでした。
「大人になったら 絶対に 犬と一緒に 暮らす」 と思い続けること 十数年。

結婚を機に家を出て 初めて 夢にまで見た 犬との生活。

あんを飼い始めてからも 父には1ヶ月ちょっと 言えませんでした。
なんだか 怒られるような気がして。

「実は 犬を 飼い始めたんだ」 とカミングアウトすると
父は ぼそっと
「バカだな。 犬が死ぬ時って ものすごく辛いんだぜ。
俺は 金を払ってまで あんな 辛い思いを 二度としたくないよ。」
と言いました。

父が 子供のころに犬を飼っていたこと その時初めて知りました。
単なる動物嫌いだと思っていましたが そういうわけでもなかったんですね。

最初のうちは 遊びに行っても あんのことは 無視。
それが 昨年の冬に あんが 肺炎にかかり 瀕死の状態になると
父の態度は 一変。
(肺炎の経緯は またそのうち…)

「あいつは 大丈夫なのかよ?」 と それはそれは気にかけてくれて
「動物の病院には お金がかかるからな」と
お見舞い金まで 出してくれて (そんなことも知ってたんだ)

退院した暁には
ボーロやジャーキーまで用意して
大盤振舞い。

おかげで あんは 父が大好き。
実家に行けば 父の後をついて 離れません。

だって 遊びに行けば 何かしら おいしいものを くれるんだもの。

こないだなんて 父が 忙しそうに 庭の掃除をしていたので
邪魔しちゃいけないと思って そそくさと帰ろうとしたら

「おい!まだ おやつ あげてないぞ!」 だって。

「忙しそうだから いいよ」 と言うと

「それじゃあ こいつが かわいそうじゃないか。
今あげるよ。 ちょっと待ってろな!」 と
掃除を中断し すごい速さで家の中に飛び込み
おやつを持って 出てきました。

あんなに 犬を飼うことに反対だったのに!
情移りまくり。

今じゃ おやつおじさん。


あんが太り始めた原因は
もしかして…

おやつおじさん?

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

ランキングには参加していません。
紛らわしくて 失礼~!
スポンサーサイト

コメント

No title 

いいお話で涙出そうです
おとうさんの「あいつ」「こいつ」って
すごく愛情こもった呼び方なんでしょうね
あんちゃんもきっと分かるんですよね♪
会えてよかったですね、
お父さんとあんちゃん

No title 

私もりんごは あんまり食べないかも。。。
もらったときは ありがと~なんて言いますが
実際問題 どうしよう。。。って思うんですよね。笑
あんくんの おやつおじさんは
お父さんなんですねー。
うちも 動物飼うことを禁止されてたので
(その反動が今なんですけど。笑)
実際 飼いましたって言えなかったですよ。笑
お父さんとあんくんの2ショットに
深い愛情がとってもよく出てますね。
わんこって人間よりも命が短いって分かっているし
お別れのときの辛さも分かってはいるんだけど
でもやっぱり わんことの生活は
今ではなくてはならないものになってるんですよねー。
きっと はるさんの気持ちをお父さんも分かってるんでしょうね。
最初のころのあんくんに対する冷たい態度っていうのも
好きだからこそ なのかもしれないですね。
いいお父さんだと思います。

No title 

お父様、優しい方なんですね。
動物との別れが悲しすぎて飼いたく
なくなっちゃったんですね。
うちの父はその点たくましいのかもしれません(笑)
父も子供の頃からずっと犬を飼っていたので
私が子供の頃は、家にうさぎや金魚、犬など
いっつも動物がいました。
お別れは辛いですが、寂しくなって
また飼うっていうパターンの父です(^^;

「おやつおじさん」どこのお父さんも
同じですねぇ。

うちは父と旦那が『おやつおじさん』ですから(笑)

ほ 

父 照れくさいからか決して名前では呼んでくれません。
十分愛情は伝わってくるのでいいんですけどね。
思いがけず父とあんがいいコンビで
(実家では父にべったりで私なんて目もくれませんから!)
私自身驚いています。
やっぱりオヤツのチカラはすごいなぁ、と(笑)

ほっぺじーじさん 

ほ?(笑)
…ご…ごめんなさい!
お名前が途中で切れてしまいました~。

けめこさん 

りんご…生はどうしても楽しめないんですよ~。
加工品は大好きなのに。
ダンナの母の実家が青森なので
近いうちに大量に送られてくるはず(汗)

やはりご実家は動物禁止でしたか!
我が家も飼っていいペットは金魚とメダカのみ、でしたから(笑)
家のおやつおじさん、あんにすっかり情が移ってしまい
「頭のいい動物は これだからいやなんだよー」と
日々呟いてます。
あのパグのクリクリの瞳で見つめられたら…ノックアウトされてしまいますよね。

きっと最初の頃は「情が移らないように」自分の中で
必死に壁を作っていたんだろうなぁ、おじさん。
あんの肺炎により おじさんの壁 脆くも崩壊しました。
今まで目もくれなかったのに
「動物が苦しんでいるのはかわいそうで見ていられないよ!」なんて
言ってましたっけ。
おじさんの意外な一面が見れたのも
あんが家に来てくれたからなんですよね。

清つ乃さん 

家は母も 昔 犬を飼っていましたが
やはり「死」を経験してからは
「犬はとってもかわいいけどもう自分では飼いたくないわ~」と
言ってます。
母はもともと犬大好き!なのであんを飼い始めたその日から
もうメロメロでしたが(笑)

私はあんがいなくなってしまったら
もう2度と飼いたくなくなるか
また飼ってしまうのか…
どっちだろうー?

おやつおじさん 一度にハンパない量のおやつを
くれるんですよ。
ボートを1/2袋アルミのお皿に入れて持ってきた時には
さすがに止めました(^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://harutoann.blog11.fc2.com/tb.php/12-4fd61b75

 | ホーム | 
プロフィール

はる

Author:はる
わたしの暮らしを綴るとなると
わたしのそばにはいつもあんがいて
だからあんとわたしの暮らしを
綴ることになります。
東京の片隅でゆるゆるな毎日です。

あん(♂)
2007年10月7日生まれ
*すきなもの*
毛布
おでかけ
食べること

*きらいなもの*
濡れた地面

携帯扇風機

わたし
*すきなもの*
国内旅行
~旅はロマンです~
・沖縄
・九州
・中国 四国(瀬戸内海)
・信州
鉄道
甘いもの

いくつになったの?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。